覚え書き

覚え書きに近い日記

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) | スポンサー広告

このブログについて

2001/02/12から2005/01/05までに書き記した、覚え書きに近い日記です。
2005/07/15に移転作成しました。
CategoryやArchive、Searchより各記事を参照ください。

画像があった記事には現在画像がありません。
随時画像をアップ予定です。

2000-01-01(Sat) | このブログについて

ここを借りる

午前二時。
この日記を借りる。
何を書こうと言うことは考えていない。
ただ、日記を付けてみたいと思った。
そんな物だろう。


2001-02-12(Mon) | 日記

言葉の単純さ

言葉とは単純だ。
日本語なら、僅か百余りの音で全てが表せる。
だが、それはあくまでも「表す」だけ。
自分の思うとおりに相手に伝わりはしない。

それは、自分が考える思い、
その全てを言葉には出来ないから。
全ての中の、僅かな部分でしかない。
それ故、互いはすれ違う。

言葉に堪能であればよいと言うわけではない。
本を読み、それから得た言葉、それとは別に
自分の言葉というものが、この世にはある。

考えよう、伝えたい思いを。
考えよう、自分の言葉を。

そして受け取らなければ、相手の言葉を。
そして言葉だけではない、相手の思いを。

……しかしそれでも「全て」は伝わらない。

受け取る者もまた、言葉を使うのだから。

~~~~~

そんなことを考えてみても、
それを言葉に出来ない自分がいる。
そしてそれは当然誰にも伝わらない。

何とももどかしいものだ。
だからこの日記を借りたのかも知れない。


2001-02-12(Mon) | 言葉

回線

13日の今日、ISDNからアナログ回線に戻る。
来週まで、ネットにつなぐのが面倒になる。
モデムを使うか?携帯を使うか?
まぁ、一週間のことだ。なんとでもする。


2001-02-13(Tue) | 日記

言葉と嘘

言葉とは本当のことを伝えるために使われるが、
同時に、嘘を伝えるためにも用いられる。

ならば嘘を言わなければ良いと言うのか?

黙っていれば嘘ではない?

自分が語らなければ、その思いを、相手は、得ることが出来ない。
それは嘘と等価だ。
真実を言葉にしない事、それはまさに嘘と言えるのではないか。

語らなければならない。本当の言葉を。
語らなければ、それは相手に伝わらない。

~~~~~

それでも時折考える。
嘘をつくことが自分の本当であり、相手の真実となる。
それは紛いようのない事実だ。


2001-02-13(Tue) | 言葉

接続

ザウルスを使って接続してみる。
パケット接続ならいいのだが、時間だ。
やっぱりあせってしまう。


2001-02-14(Wed) | 日記

言葉の傷跡

言葉は、相手を傷つける。
その言葉は、いともたやすく相手に届く。
なぜならそれは、それを発した者の真実だから。
自分を失い、それの紡ぐ言葉はとても単純で、だから相手に届く。

それとは別に、けれど同じく相手を傷つける言葉がある。
互いに相手を知り、相手を傷つけたいと感じた時、
深く思索されたその言葉は、それを発した者の思う、その相手にのみ届く。
勢いではないその言葉は、それゆえにとても複雑で、周りは気付かない。

そして、それらは互いを傷つける。
前者は言ったものの傷がより深く。
後者は言われた者の傷がより深く。

表面上の傷ではないそれは、きっと気付きはしない。
けれどこの世にはその両方の傷を受ける、悲しくも優しい人がいる。

あなたは、気付いていますか?

~~~~~

考えても、しかし自分がそうであると気付く者は、きっといない。
だから、言葉は今日も傷を作る。


2001-02-14(Wed) | 言葉

携帯

携帯を使っていろんな物から接続を試みている。
今は、携帯を使ってノートPCからアクセスしている。
昨日はWindowsCEマシンからだ。
考えてみると、自分には結構いろいろなアクセス方法があるようだ。
来週まではこんな状態が続く。

あぁ、携帯そのものからの接続もした。
やっぱりほかの端末と比べると制限はあるが、
自由だな。


2001-02-15(Thu) | 日記

言葉の聴き方

言葉を語るとき、よく相手の目を見て話せという。
相手の目を見て語るとき、どうしてか、それは
無意味に飾られた言葉になってしまう。

相手の本当の言葉を聞きたければ、
相手の目を、じっと見てはいけない。
相手が発した言葉に耳を傾け、
自分に言葉が届いたならば、その一瞬、相手の目を見る。

~~~~~

相手が自分を見ていないと思ったなら、それは、
そんな風に考えてみる。

「本当」のことが、相手と面と向かって言える・聴けるやつは、そう、居ない。


2001-02-15(Thu) | 言葉

言葉を読む

言葉を書く

言葉は文字として、保存することが出来る。
だが、果たしてどれだけのものが保存できるのか。

言葉にあって文字にないもの。
言葉の起伏、抑揚。

この文章を読む人はどういう風に読んでいるのだろうか?

上の文章は最後に疑問符が付加されたことで、
語尾を上げたように読んだろうか。
それは本当に自分の考えているものと一致するだろうか。
多分しないのだろう。

書くと言うことは、それを自分で書けば、まだ正確ではあるが、
人の言葉を聞き、それを文字として書きあらわすとき、
そこにはまた解釈の違いが生まれている。

「ことばのききかた」

「言葉の聞き方」と「言葉の聴き方」では、同じだが印象が違う。
上記程度の物ならば、聴き手の感じた物が文字として残るのは、
それで真実なのかもしれない。

でも……。

自分が読む事のある、
文字になった言葉は、
その本人が書いた物でない限り鵜呑みにしてはいけない。
そこには語り手の意図しない、不完全な文字が残っているだけなのだから。

~~~~~

翻訳された言葉なんかその最たるものだろう。
だから、翻訳本は好きではない。

じゃあ原文を読むのか?

……読めないんだなぁ。
あぁ!日本語万歳!

読める人はうらやましいものだ。


2001-02-16(Fri) | 言葉

Page Top▲

Navigation

プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。